中越ヘボ釣り師の釣り記録と成長記

釣りブログをしている人達の中でも、1位2位を争う程、腕前はヘタクソであると自負しております。それでも、釣りに対する情熱だけは誰にも負けません。私の成長を、皆様と一緒に共有できればと思います。パパアングラーとしての姿もお届けできたらと思っています。

21エクスセンス登場!!シーバス専用リールのフラグシップ、その性能は?

21エクスセンスの考察を行いたいと思います。

fishing.shimano.co.jp


ツインパワーXDの考察はこちら fishingtyuetsu.hatenablog.com

アルテグラの考察はこちら fishingtyuetsu.hatenablog.com

カルディアの考察はこちらfishingtyuetsu.hatenablog.com


シマノより、21エクスセンスの発表がありましたね。
シーバスファンの方々は、このリールに対する注目度は高いと思います。

何度も繰り返しますが、私は先日、メインリールとして18ステラを購入しましたが、この21エクスセンスを一瞬悩み、そして『無し』と判断しました。
私と同じように21エクスセンスを検討している方へ、何かしらの参考になれば幸いと思います。

21ツインパワーXDの考察はこちらからご覧ください。

fishingtyuetsu.hatenablog.com

21エクスセンス スペック表

C3000M C3000MHG 3000MHG 4000MXG
ギア比 5.3 6.0 5.8 6.2
最大ドラグ力 9.0 9.0 9.0 11.0
自重 180 180 195 220
PE糸巻量(号-m)* 0.8-300、1-220、1.2-150 0.8-300、1-220、1.2-150 0.8-300、1-220、1.2-150 1.2-300、1.5-200、2-150
最大巻上長(cm) 78 89 86 101
価格(税抜き) \60,000 \60,000 \61,000 \62,000

※一部抜粋して記載

シーバス専用機のフラグシップ、その名も『エクスセンス』!!

シーバス専用機という謳い文句に違わぬ性能、21エクスセンスの爆誕でございます。

現在、シマノが世に送り出せるであろう全ての技術を注ぎ込んだ、シーバス専用機のフラグシップと言っても過言ではないと思います。
シーバスは、巨体な割りに直ぐに弱る、エラ洗いさせないように等、結構繊細な釣りが要求されます。
また、『流れの変化を探す』釣りが重要となり、感度も非常に重要になってきます。
そんな理由から、過剰な剛性よりも軽量、強さよりも感度が重視させる傾向にあると考えています。

21エクスセンスは、HAGANEボディやHAGANEギアなどの剛性に必要な基本性能は搭載しつつも、マグナムライトローター(MGL)で巻きを軽く、ジュラルミン+ci4でボディの軽量化も図っております。

エクスセンス伝統のマッドブラックを身に纏い、ナイトシーバスの暗闇に溶け込む色合いが非常にシックに映ります。

機能面でもデザイン面にも、エクスセンスの名に恥じぬ完成度の高さが目立つリールに仕上がっております。

19ヴァンキッシュと何が違う?

ここまで読んでみて、19ヴァンキッシュと何が違うのか、気になった方もいることでしょう。
はっきり言いますが、殆どヴァンキッシュです!!
価格帯もほぼほぼヴァンキッシュですが、大きく異なる点が2点だけあります。

19ヴァンキッシュと異なる点① アルミハンドル

まず1つ目は、アルミハンドルです。
19ヴァンキッシュは、ハンドルノブがci4+でしたが、エクスセンスはアルミハンドルを搭載し、ランカーシーバスでも安心安全のゴリ巻きが出来る仕様ということではないでしょうか。
正直、私はシーバスゲームは基本オープンエリアでしかやらないので、あまりゴリ巻きする場面はないのですが、ストラクチャー打ちとか橋脚とかでシーバスを釣られる方には重宝すると思います。

19ヴァンキッシュと異なる点② ラピッドファイアドラグ

21エクスセンスでは、ラピッドファイアドラグを採用しています。
このドラグは、ドラグノブの回転数に対するドラグ力の変化が大きく、ストラクチャー周りで魚を止めたいとき、足元で急に突っ込まれた時など、瞬時にドラグ調整をしたいシチュエーションで非常に有効な機能のようです。
上記で記したように、私個人はストラクチャー周りではやらないので、あまり重視するポイントではないのですが、①同様、使う人にとっては大変重宝する機能だと思います。

19ヴァンキッシュと異なる点③ 自重が増加

残念ながらマイナスポイントの違いとして、自重が10g程度重くなっています。
アルミハンドルとドラグシステムの違いによる増加と思われます。
まぁ正直な話、19ヴァンキッシュではシーバスタックルとしては軽すぎるほどの自重でしたので、そこら辺のバランスを取ってきたのかなという印象もあります。
影響は少しだとは思いますが、スペック上の見た目としては悪くなってしまうので、敢えて違いとして記しました。

まとめ

シマノが今、世に送り出せる最高の技術を搭載し、シーバス専用機としては申し分のない仕上がりとなっています。
正直、シーバスゲームにおいてはこれ以上の機能は必要ないでしょう。
シーバスゲームに特化した最高のシーバス専用リール、ご検討されてはいかがでしょうか。

私は何故、最高のリールを選ばなかったのか

21エクスセンスの素晴らしさ、ご理解いただけたでしょうか。
では何故、ここまで持ち上げてきた私は『無し』と判断したのか。
その理由は2つありますので、下記でご紹介したいと思います。

選ばなかった理由① リセールバリューの悪さ

リセールバリューが悪い事です。
これが最大の理由です。
一般庶民の私にとって、高額リールの購入は、手持ちのリールを売却することから始まります。
これは、以前のブログで「ステラを持つ意味」として紹介させていただきました。

fishingtyuetsu.hatenablog.com

エクスセンス系統は、専用機が故の悩みなのか、リセールがあまり良くないのです。
売れる見込みの少ないリールを買えるほど、私の資金繰りは芳しくありません…。
機能面としては素晴らしく、是非とも触ってみたいという願望がありますが、使い倒す予定のない高額帯のリール。
残念ながら却下とさせていただきました。。。

選ばなかった理由② 漆黒のブラック、好きではない

こちらは補助的な理由ですが、真っ黒のリールが好きではありません。
18ステラが最高にカッコいいと思っている私、真逆にあるブラックはどうも…。
見た目はあまり拘らないので正直どうでもいい話ではありますが、好きではなかったということです。

総括

いかがでしたでしょうか。
シーバス専用機のフラグシップ、ご検討されてはいかがでしょうか?

ランガン・ポイント探しにお疲れではありませんか?≫
全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】