中越ヘボ釣り師の釣り記録と成長記

釣りブログをしている人達の中でも、1位2位を争う程、腕前はヘタクソであると自負しております。それでも、釣りに対する情熱だけは誰にも負けません。私の成長を、皆様と一緒に共有できればと思います。パパアングラーとしての姿もお届けできたらと思っています。

2021年ボウズ釣行記⑤ 寺泊穴釣り釣行

2021年3月6日、性懲りもなく寺泊へ釣りに行ってきました。


釣りに行った?

いや、ただ海を見てきただけかもしれません。

実釣時間、僅かに30分。

ホント、何がしたかったんだろうか・・・。


  • 2021年3月6日、5時50分~6時20分
  • 寺泊近郊
  • 雨、強風、気温6度、小潮上げ5分
  • 水質はクリア
  • アジスト1.8g、ブラクリ1号
  • 海太郎 スパテラ 2in クリア、オキアミ
  • ラクリをロスト、環境汚染しただけ

  • 何なんでしょう、この気持ち。

    寝る前は『ヨシ、明日は釣り行くぞ!!』と気合十分で寝るんです。

    しかし、アラームが鳴り起きると、途端に行きたくなくたり、30分くらい『行かない理由』を探し始める。

    そうこうしているうちに、いよいよ時間的にヤバくなり、『とりあえず行ってみるか…』で準備を行う。

    今日はこんな感じです。


    そんなんで釣れるはずねーよ!!

    釣行の状況① 現場の状況


    f:id:poseidonn0531:20210306081745j:plain


    のんびりしていたせいか、5時40分に到着。

    車は1台もありません。

    ここのポイントは、結構根魚も多くいつも賑わっているんですがね。

    時間なのか不調なのか、どうなんでしょうか。


    結構風が強いです。

    足場の高いところからでは不可能なレベル。

    仕方なしに、風裏の場所でやる事に。


    釣行の状況② 良い感じの海・そして海洋汚染


    とりあえずジグ単で表層からスローに誘います。

    活性が高ければ、これで出るはずです。


    10投げくらいしましたが全く出ません。

    気になったのは、鵜が3羽いる事です。

    『こいつがいると釣れない』って小沼プロが言っているのを思い出しました。。。


    やはり釣れないので、ムラソイでもフグでもと思い、ブラクリにオキアミを付けて投げてみます。

    この立ち位置からは根が多いんで、結構スリルがあります。


    3投目、見事に地球を釣りました。

    もう無理です。。。

    お疲れさまでした。。。

    反省点


    反省もくそもありません。

    ただただ海を汚してきた。

    それだけです。

    近くにトレブルフックが落ちていたので、罪滅ぼしのつもりで拾いました。

    本当に、すみませんでした。


    また頑張ります。




    ==使用タックル==

    ロッド:18コルト572ULーHS

    リール:12アルテグラC2000SHG

    ライン:よつあみ DーPET 0.3号